恋愛心理学 恋愛マスター

恋愛心理学1000の知識~女心の達人・恋愛マスターが教えます~

女子に相談事を持ちかけられたら

 

こんにちは、恋愛マスターの中原です!

 

女子とある程度仲良くなったりすると、

 

結構、相談事などを持ちかけられたりすることがあります。

 

仕事の悩み、上司や同僚との人間関係、

 

友達とうまくいかない、などなど、

 

まあ、その内容はいろいろ。

 

私などは、特に、女子から相談事を持ちかけられることは多い。

 

そういう時、「ああ、彼女、僕を頼ってくれてるんだ!

 

よし、何とかして、彼女にいいアドバイスをして

 

彼女を助けてあげよう!」なんて張り切っちゃう人も

 

多いのかな?

 

しかし、そういう場合、ちょっと待てよ!と

 

アドバイスしたい!

 

彼女から相談事を持ちかけられた場合、

 

どっちが正解でしょうか?

 

 

A「彼女の話をよく聞いて、自分の知識や考えを

 

よく吟味して、なるべく彼女に役立つような

 

アドバイスをしてあげる」

 

 


B「彼女の話を親身に聞いて、彼女の気持ちに

 

同情して、一緒に、感情的に怒ったりしてあげる。

 

別に結論は出さない」

 

 

さて、どっちが正解か?

 

答えはB。

 

経験的に言って、AよりBのほうが、

 

女子には受けがいい場合が多いのです。

 

「よし!じゃあ、今度、僕がそいつに注意してあげるよ!」

 

なんて言おうものなら、

 

「いいってば!そんなに大げさにしないでよ!」とか

 

逆ぎれされることもあるから注意。

 

「へええ、そんな、辛いことがあったんだ、

 

君も大変だったねえ!それは許せないよなあ」

 

とか彼女の味方になってあげて、彼女と一緒に、

 

怒ったり、嘆いたりしてあげれば、

 

実際には、なんの解決にもなってなくても、

 

それで女子というのは、結構、満足したりするのです。

 

なんだか、それって、男子的には納得できないんですけどね。

 

でも、女子の場合、多くは、それでいいし、

 

女子本人もそういうことを求めているのです。

 

同情、味方になってくれる、自分と同じ気持ちになってくれる。

 

相談事を持ちかけてくる女子というのは、

 

男子にそういうことを求めているのです。

 

本当に、何かを解決してほしい、なんて思ってはいない。

 

女子と噛み合いたいなら、ここを見誤ってはいけない。

 

⇒ 本気で彼女が作りたい人はコチラ

 

女性心理   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

秘密の百人斬り@ガチンコ素人wwww