恋愛心理学 恋愛マスター

恋愛心理学1000の知識~女心の達人・恋愛マスターが教えます~

インターネットが普及したこの時代、リアルではなく、ネットで探す出会いについて考える

読了までの目安時間:約 4分

 

最初は、実際に会わないで、

メールとかコメントの


やり取りで知り合う、


出会う、仲良くなる。

こういうケース、


かなり増えています。

私も、女性との出会いを増やすため、


この手段を結構使います。

ネットでの出会いと言えば、


まず、最初に思い浮かぶのは、

「出会い系」です。

私の身の回りでも


「出会い系」


できっかけを作って、


カップルになった人も


かなりいます。

また、


「出会い系」


にはまっているベテランに聞くと、

やはり、


「出会い系」


のポイントは


「出会い系」


の場の選び方にある、


ということでした。

優良な出会い系を見つけて、


それを利用できれば、


結構、

ちゃんと出会える確率は


高いはずです。

でも、ね、


出会い系とあからさまに


銘打っているサイトというのは、


概ね、サクラ、売りが多いものです。

特に、課金性のものは要注意です。

だって、課金性ということは、


なんとか、多くの男を捉えて、

長時間使用させ、


利益を上げようとしていることが

主催者の基本姿勢でしょう?

だから、自然、サクラ、売りを


集めているケースが多いって訳です。

まあ、そういうのは、


折込済みで遊びだから!と


割り切って利用する分には


いいんですけどね。

しかし、誰だって、


「19歳のJDに成りすましたおっさん」


「愛のメールをやり取りする」


ことが望みではないでしょう?

むしろ、私の経験から言うと、


非出会い系の普通のSNSとか


チームプレイのゲームコンボで


知り合って、という方が、


本物の女子と


仲良くなれるチャンスが


多いと思います。

私の周りでも、


そういうので、最初


一緒にゲームをやりながら、

いろいろ話が膨らみ、

「じゃあ、今度会いましょう!」


ということになり、


デートを重ねるうちに、

彼氏彼女になったなんて


ケースの方が多いように思えますね。

考えてみると、


普通のゲームサイトやSNSでも、


普通に若い女子には、


「友達になりましょう!」


「今度お茶しませんか?」


とか、

飢えた男からのプッシュが


殺到する傾向もあるので、

何も、がっついているナンパが


うじゃうじゃいる


「出会い系」


なんかに自分を晒さなくても、


男友達、彼氏は


ゲットできる訳ですからね。

つまり、比較的まともな女子が


いる確率が高いって訳ですよ。

むしろ狙い目は、


ゲームのチームコンボ、


SNSだと思います。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

インターネットが普及したこの時代、リアルではなく、ネットで探す出会いについて考える

 

 

メールテクニック   コメント:0

メールを制するものは恋愛を制す!本当に女性受けする「モテるメール」10パターンを覚えて、あなたも今日からモテ男!

読了までの目安時間:約 3分

 

最近は、ネットやメールで、


知り合って、なかよくなって、

付き合うようになったカップルなんかも


増えていますね。

合コンとかで知り合っても、


まずは、メアド交換して、

メールでやり取りしてから、


デートしてなんてプロセスも多いものです。

メールのテクニックはとても重要なのです。

モテるメールを書くための


10か条を挙げておきますから、

参考にして、


恋愛メールのスキルをアップしてください。



①自分の方からは「恋愛」ワードは切り出さない

②相手の女子が「恋愛」的な話を持ち出してきてから、こちらも反応する

③あまり、しつこくメールを送り過ぎない。(相手の反応1回に対して2回までに留める)

④文面は、軽すぎず、重すぎず、絵文字も使いすぎない

⑤文面の最後は、軽い問いかけで締める

⑥相手の女子の好み、趣味などを尋ねる質問をかませる

⑦自分の近況や自己紹介は必要最低限に。

⑧自分のことを書いても、最後は、相手のことを聞く内容で締める

⑨なるべく軽いノリで会えるイベントにまめに誘う

⑩相手の反応が途切れたら、我慢して待つ


以上です。

これに基づいて、参考例文を挙げておきます。

「こんにちは、○○です。

この前は楽しかったですね。


●●さんと話ができて、とても楽しかったです。

●●さんは美術が好きだったんですね。


とても詳しくてびっくりしました。


僕もたまに美術館とか出かけることがあります。

こう見えても、アート関係に興味があるんですよ。

今、上野で■■展が開かれているので


出かけてみようと思っているんですが、


●●さんも一緒に行ってみませんか?

近くに、いいカフェもあるので、


見終わった後、この前のお喋りの続きでもしませんか?

よければ、都合のいい日とか連絡ください。じゃ、また!」


これは、合コンとかで、


知り合って、


メアドを交換した相手に対する


フォローメールの一例です。

ネットで知り合って、


まだ、実際には会ってない相手とかでは、


もちろん文面も変わってきますが、


大体こんな感じです。

相手に負担を感じさせずに


やんわり押す間合いを学んでください。

次回、今度は、


相手の反応メールにどう返すかを説明します。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

メールを制するものは恋愛を制す!本当に女性受けする「モテるメール」10パターンを覚えて、あなたも今日からモテ男!

 

 

メールテクニック   コメント:0

モテる男はやっている!女性に受ける「モテるメール」を作成する具体的な方法と手順とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

女子とメールをやり取りするようになると、

もちろん、その反応が気になります。

しかし、その返信メールの読み方の

基本を知っていますか?

そこがわかっていれば、


的確な対応ができるようになるので、

より、恋愛メールがうまくなります。

今日は、それを伝授します。


①返信がすぐ返ってくるか、どうかで、相手のノリが判断できる。すぐ返ってくるようなら、かなり脈あり。

②相手の趣味やキャラを聞くメールに対して、素直に答えてくるようなら、かなり脈あり。

③お出かけイベントの誘いとかに乗ってくるようなら、かなり脈あり。どんどん進めてしまいましょう。

④問題は断ってきた場合ですが、これに関しては、ちょっとした解読の技術が必要になります。


断りの内容が、


「その日はどうしてもダメなんです、ほかの日なら」


とか、具体的に行けない理由が書いてあったら、


まだ、脈があるかもしれないので、


別の機会、イベントを用意して、


もう一回誘ってみてもいいと思います。

理由を言わない、


具体的な理由がない場合は、


基本的に脈なし。

「そう、それは残念。

また、なんかあったら誘うから、

その時、都合があえばいいですね」


くらいの返信をして、もう追わない。

おさらばしましょう。


あと、お出かけイベントに誘うときに、


相手がOKを出しやすい、

気が重くならないテクニックを


伝授しておきましょう。


①日時をあいまいにして誘う。

(可能ならば日時を指定せずに君の都合がいい日はいつですか?というように言いまわす)

②返事にかかわらず、そのイベントには行くと言っておく。

(「今度のライブ、僕は行くんですけど、よかったら、君もどうですか?」というふうに誘う)

③共通の友人をかませる。

(「●●も誘おうと思っています。皆で盛り上がれれば、楽しいんじゃないかな」みたいに持っていく)


間違っても、


「僕は真剣です。君とどうしても会いたいです」

なんてメールを送ったりしてはいけない。

相手はドン引きだから。

何回も言いますが、


特に最初のうちは、


「恋愛モード」は絶対禁止です。


相手がそういうモードを出してきたら、


それに反応すればいい。

これを守って、メールをうまく活用してください!


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

モテる男はやっている!女性に受ける「モテるメール」を作成する具体的な方法と手順とは?

 

 

メールテクニック   コメント:0

メールで女子と盛り上がるコツ

読了までの目安時間:約 3分

 

こんにちは!恋愛マスターの中原です。

今日は、最近、流行っているメールでナンパする際の

うまい会話術というものについて伝授しましょう。

ネット上での掲示板とか、ソーシャルゲームで、

女子と知り合って、個人的にやりとりする、とか、

そういうことも増えましたよね。

で、まあ、うまくいく人もいるし、行かない人もいる。

できれば、うまくいく確率をあげておきたいものじゃない

ですか。

で、うまく確率を上げるコツを、ひとつ。

それはね、

「相手から聞かれるまでは、自分のことを話すな」

ということです。

ネットなどで、よさげな女子が出てくると、

それこそ、仲良くなりたい、気に入られたい男子が

わあっとよってきて、カオス状態になったりして、

大変なこともあります。

で、そういう時あせって、自分アピールをどんどん、

やってしまう奴がいっぱいいますけど、

これは雑魚。

ネットで自分を晒す女子の心理を考えれば、

すぐにわかることです。

女子の方は、男子がどういうやつか、とかには、

あまり興味がないのです。むしろ、女子は、

自分のことをアピールしたいのです。

だから、「僕は、こうこうこういうやつです」

なんて必死に自分アピールしてくるやつは、

うざいんですよ。

それより、むしろ、「君はどういう女の子なんですか?」

とか「好きな有名人は誰ですか?」とか

自分のことを聞いてきてくれるような人のほうが、

レスをしたくなる。

これがコツ。

だから、自分をアピールしたい気持ちはまず抑えて、

相手の女子にアピールさせるスタンスを取ると、

わりとうまくいくのです。

そういうコミュニケーションを取り続けると、

そのうち、相手の女子の方が、「で、○○さんは、

どういう趣味?」とか「どんな人なのかなあ」とか

聞いてくる局面が必ずくるので、

そこで初めて、自分アピールを展開する、

すると、相手の女子も、素直に、というか、

積極的に聞いてくれる、ということになる。

まず、自分アピールではなく、相手にアピールさせる。

これがコツ。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集

 

メールテクニック   コメント:0

ネット出会い系、ここが注意点 2

読了までの目安時間:約 3分

 

恋愛マスターの中原です。

今日は昨日の続きです。

さて、「出会い系」というのは、

「サクラ」「ウリ」「つり」が


あふれかえってる世界です。

まあ、それはそれでいいや、


割り切って利用する、

というのが、まあ、大人のたしなみ。

というのが、昨日のお話。

では、そういうことを踏まえながら、それらを

どうやって見破るか、というお話をしましょう。

まず、「ウリ」ですが、

これは、相手が「お金目的」で


売り込んでくる訳ですから、

メッセなどのやりとりで、


相手が畳み込んでくるようなら、

「ウリ」である、と思って間違いありません。

こちらのキャラとかもわからないのに

「今すぐ会いたいです」とか

「近くに来ています」とか

「ホテルに行きましょう」とか、

どんどん言ってくるようならそれはプロ。

いきなり、エロい自画撮りとかを送ってくるのも

ほとんど「ウリ」です。

まあ、それで割り切るなら、


私は何も言いませんけど。

「サクラ」「釣り」の場合は、逆で、

いくらメッセをやりとりしても、

なんだかはぐらかしてくる、


会話が噛み合わない、

などという場合は、この可能性大。

仕掛ける側に、「相手がこう書き込んできたら、

こう返す」みたいなテンプレがあるので、

ちょっと特殊な話題になると、

噛み合わなくなってくるのです。

絶対にそうだ、とは、言いきれないのですが、

ガチの場合は、やはり、相手の女は、

「○ッチはされたい」けど、

「相手がやばい奴だとやばい」と

当然、普通の警戒心も持っているので、

5回くらいは、こちらの様子やキャラを探るような

メッセのやりとりをしてくるものなのです。

当然といえば当然ですが。

だから、こういう時は、


相手の警戒心を解くような

やり取りを心がけることが肝心。

個人特定情報を教えるのは当然NGですけど、

なるべく「自分はノーマルな人間で、


ただ、ちょっと楽しく遊びたいだけなんだ」

という感じのメッセを送るべき。

それで、はっきりしない場合は、


他にさらわれたか、

こちらに惹かれなかったか、


最初から「サクラ」かの

どれかだから、さっさと撤収。

粘る、とか、あせって押しまくる、とかは

絶対やめたほうがいいです。

ネットってのは、そういうことじゃないから。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

メールテクニック   コメント:0