恋愛心理学 恋愛マスター

恋愛心理学1000の知識~女心の達人・恋愛マスターが教えます~

浮気がなければ恋愛はつまらん

読了までの目安時間:約 3分

 

恋愛マスターの中原です。

この前、あるところで、

「女が彼氏と別れた時がチャンス」

みたいなことを書いたら、

「前の彼氏にふられたとたん、

他の男に乗り換えるようなやつは、

どうせ浮気とかするだろうから、

そんなやつとは付き合わない」

とか反発されたことがありました。

他の記事とかいろいろ調べると、

男子っていうのは、

「女に浮気される」「女に裏切られる」

ということにものすごい嫌悪感を抱いている、

というか、恐怖心みたいなものまで感じられます。

そういう男子の理想の恋愛は、

「外見は可愛くて、性格は従順で、

○ッチの体験は自分以外にはなくて、

自分だけを愛してくれる女」

ということになるのでしょうか?

「そういう子に出会ったら、

僕は、一生その子を愛します」

しかし、男も、もちろんそうだけど、

女も、結構浮気をします。

だから、「自分だけを一生愛してくれる」

なんていうのは、かなり非現実的なこと。

リアルに言えば、女っていうのは、


実に気が多い。

女の性格にもより、積極的なタイプと、

消極的なタイプがいますけどね、

消極的なタイプだって、自分からは

いかないけど、

「彼氏がいたっていい!僕と付き合って

ください!」とか押されると、ふらふらと

ついていっちゃうやつだって結構いますよ。

「安定的な恋愛」なんて幻想にすぎない。

恋愛すればわかるけど、いつも、

「こいつ、他の男の誘惑にころんじゃうんじゃないか」

なんて思いが常につきまとったりもするんですよね。

だからこそ、「こいつを離したくない」なんて

気持ちになるので、それが「恋愛」というもので、

そういう気持ちがなくなってしまったら、

恋愛なんて、かなり味気ないもので、

それでは、まるで「お父さんとお母さん」ですよ。

それはそれで、恋愛のゴールだからいいでしょうが、

それは、「恋愛感情」とはいえない。

「恋人」とはいえない。

「家族愛」ですよ。

お互い、浮気の危険性を孕んでいるから、

より強く求め合う、ということもあるんですよね。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

恋愛   コメント:0

傲慢な男のほうがモテるというお話

読了までの目安時間:約 3分

 

恋愛マスターの中原です。

控えめな男と傲慢な男。

どちらがモテるのか?

そんなこと考えたことありますか?

一説によると、

女にモテるのは、


傲慢な男。ということに

なっているらしいです。

それは、これまた一説によると、

ホルモンに関係しているらしい。

世の中には、いわゆる男性ホルモンと


女性ホルモンというものがあって、


これが、体つきの違いや

性格の違いを生み出すことに


なるということなんですね。

で、男性らしさを発現するホルモンは、

テストステロン、アンドロステネジオン、

デヒドロエピアンドロステロンの3つ。

舌をかみそうですが、


これら3つのホルモンを総称して、

アンドロゲンと言います。

で、このアンドロゲンの分泌が多いと、

男らしくなる、ということ。

そして、特に、テストステロンなどの


分泌が多い男の性格の特徴は

「エゴイスト、他者に対して攻撃的、競争心が強い、

出世欲や他人を支配という欲求が強い」

というようなもの。

なんだか、ちょっと友人にしたくないタイプ、

つまり、傲慢な男という訳です。

しかし、一方、このテストステロンは

女を求める○ックスの欲求の


強さにも関係しているので、

つまり、「傲慢な男の方が女に積極的にアタックするので

女にモテる」ということが言えるかもしれませんね。

そう言われてみれば、世の中、

「どうして、こんな傲慢な嫌な男なのに、

こんないい子がついて行ってしまうんだろう?」

なんてカップルを見かけませんか?

「なんで、こんな男にわがまま言われ放題

言われているのに、この子はこいつに夢中なんだろ」

とかね。

中には「悪いやつだとは思うんだけど、

なんだか、どうしても別れられない。

あいつにはまっちゃってるの」なんて、

言ってる女子もいたっけ。

これって、テストステロンの


マジックなのかもしれません。

「僕なんかダメです」

「僕みたいな男を好きになってくれる女子がいたら

いいなあ」なんて、


消極的なことばかり言っていると、

いい女は、皆、傲慢なやつに


持っていかれちゃうぞ!


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

恋愛   コメント:0

女は出来レースしか仕掛けてこない

読了までの目安時間:約 3分

 

皆さん、こんにちは!

恋愛マスターの中原です。

ちょっと前の話になりますが、

バレンタインデーにチョコレート、

もらえましたか?

女の子によっては、


30個もチョコを買って、

配るのだそうです。

当然、ほとんどが義理チョコ。

義理チョコなんてくだらないから、

もらう方だって、どうってことありません。

何個もらったって、もらえなくたって、

おんなじです。

問題は、本命チョコをもらえるかどうか。

「ああ、もうすぐバレンタインデーだな。

今年は、俺にチョコをくれる女出てくるかな」

なんて思っていたとしたら、


おめでたいというか、

もう終わってますよ、それ。

バレンタインデーチョコ、建前は、

「女からチョコを渡して告白してもいい日」

なんてことなんですが、


そんな博打を打つ女なんて

めったに、ほとんど、


いや、まったくいません。

もうすでに


「彼氏確定」


「恋人確定」


の相手にしか、

後追いで、


「あの、これ本命チョコ、

また、よろしくお願いします」


なんていうことが実態です。

女は、「出来レース」しか仕掛けてきません。

相手が受け入れてくれるか


どうかわからないのに、

「告白する」とかあり得ません。

まあ、小学生くらいだったら


あるかもしれませんけどね。

大人の女だったら、まずない。

絶対に男が受け入れてくれる、


という確証がなければ、

そんな行動は起こさない。

それが女という生き物なんです。

だから、バレンタインの2、3日前にもなって、

なんも当てがない人は、


「なあに、あと2日あるさ」

なんて言っていても、それはもう、

もらえないこと確定、という訳です。

勝負はもう決まっているのですよ。

感覚としては、遅くともひと月前くらいには、

デートでもして、いい仲になって、

(本当は○ッチして)

それで、初めて、女は、安心して、

本命チョコを渡してくるのですぞ。

それは「告白」というより、確認なんですね。

まあ、つまらないと言えば、つまらないのですが、

それが女のやり方、真剣さ、ということ。

今年逃した人は、早くから環境を整えておこう。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

恋愛   コメント:0

受け身VS.受け身

読了までの目安時間:約 3分

 

恋愛マスターの中原です。

女の恋愛に対する真剣さ、というのは、

大げさに言えば、人類の生存本能に

基づいているものだから、

ものすごいものがあります。

ただし、それには、ちょっとした

仕掛けがありました。

それは、昔から、

「女は受け身」ということ。

まあ、○ッチの構造としては、

「男がいれ、女がいれられる」

ということなので、

「女は受け身」というのが自然な形。

となったのでしょう。

しかし、○ックスというのは、

かなりリスクの伴う行為ですから、

男も女も結構緊張する。

どちらかが、えいや!と仕掛けなければ

なかなかそこまではいきませんから、

「女が受け身」だとすると

「仕掛けるのは男」ということになります。

それで、昔からうまくいっていたのですが、

最近の日本では、「男も受け身」という人間が

増えてきてしまいました。

すると、なかなかペアリングはうまくいかない。

だって、受け身と受け身の


組み合わせなんですから。

しかし、女のペアリングに関する本能は、

すごいものがあるのですから、

「それなら仕方がない、こっちから仕掛けよう!」

という流れになる。

「女が仕掛けて、男が受け身」という構造の変化。

これまた、当然の帰結。ということになります。

ところが男の中には、この女子の変化を

受け入れない人がいます。

女が、積極的に仕掛けるのを

「ビッチ」とか「淫乱」とか

ひどい人は「便所」とか言って

ディスする人も多いし、

そういう人は、かなりの確率で

「自分は受け身」なんですね。

自分は「受け身」なのに、

じゃあ、女子のほうが「仕掛ける」

というのもよしとしない。

じゃあ、一体、どうすれば、ペアリング

できるのでしょうか?

できないよ、それじゃあ。

というのが、今の「○ックスレス状態」

の構造なんじゃないですかね。

「自分は受け身」と思うんなら、

せめて、「女から仕掛ける」ということは、

認めないと、全くペアリングのチャンスは

なくなりかねません。

「受け身」対「受け身」じゃ、


うまくいかないのです。

え?大丈夫、僕には二次元があるから。って?

やれやれ。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

恋愛   コメント:0

1 34 35 36