恋愛心理学 恋愛マスター

恋愛心理学1000の知識~女心の達人・恋愛マスターが教えます~

好きになった人をしつこく追いかけまわすストーカー。そんなストーカーが仕掛けた罠に恐怖……

読了までの目安時間:約 3分

 

恋愛マスターの中原です。

この前、テレビで「ストーカーの話」を観ました。

いろいろ考えさせられましたけど、

最近、本当に、ストーカー的犯罪っていうのが

増えている、つまり、


ストーカーになる男というのが

増えているな、と思えるのです。

なぜ、ストーカーになってしまうのか。

私なりに考えてみたのですが、

①まず、ストーカーになってしまう人

本人に「自信がない」。

「自分は、女に愛されるような男ではない」

とか心のどこかで思い込んでいる。

②その上で、彼女や妻ができてしまうと、

その相手を愛する気持ちはあるのだが、

「自分は愛されない人間だ」という


思い込みが強いから

なにかの拍子で


愛し合えることになった女性のことを

基本信用できない。

「これは何かの間違いだ」

「きっと、この女性は、自分の下を去ってしまうに

違いない」

そうして、不安感に苛まれる。

そして、それが逆作用になって、

相手の女性を支配したり、


束縛しようとしたり、

DVに走ったりする。

それで、相手も耐えられなくなり、

結果的に去ってしまう。

で、普通なら、あきらめて、


他の女性を探すことに

なるのですが、こういう男は、

「自分が女性に愛されるはずがない」

という思い込みがあるから、

他の女性に行かずに、


去った女性に粘着してしまう。

これがストーカーの基本的な構造。

つまり、諸悪の根源は、

「自分が女性に相手にされるはずがない」

という自分の思い込みなのです。

女性のほうも、男にストーカーなんか

されたくないから、

こういう思い込みを


持っている男を警戒する。

「自分は果たして女に愛されるような男なのだろうか」

という不安感や自信のなさは、

男なら誰しも多少は持っているもので、

それが、「男を磨く」意欲のもとになる、

という側面もあるのですが、

それが「愛されるはずがない」という


強い思い込みになってしまうのは、


非常によろしくないのです。

もし、そういう考えにはまりそうになったら、

そういう考えは間違いだ。そんなことはない!

と考えるようにしましょう。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

好きになった人をしつこく追いかけまわすストーカー。そんなストーカーが仕掛けた罠に恐怖……

 

 

心構え   コメント:0

どんなことであっても争いは傍から見れば醜いものです!恋や異性のことで決して張り合わないように気をつけましょう!

読了までの目安時間:約 4分

 

恋愛マスターの中原です。

年末年始、合コンとか飲み会とか、

男女が一緒になって、


飲み食いする機会で

結構ありますよね。

その時の心得を


ひとつ伝授しておきましょう。

恋愛べた、


女の子と仲良くなれない人の特長として、

「同性」つまり、この場合は、


同席している男の目を

気にしすぎる傾向というのがあるのです。

たとえば、合コンで、


ある特定の女子ばかりに

人気が集まってしまう、


なんてことがあったりします。

で、他の女の子は、どっちらけ。


なんてこと。

たしかに、その特定の女子は、

特別可愛かったりするのでしょうが、

そればかりではなく、


そこには、男同士の

張り合う心、


みたいなものが作用していることが

多いのです。

つまり、その、人気NO.1の女子を

他の男に持っていかれたくない、


みたいなこと。

それで、余計に男同士、


みにくい張り合い、

足の引っ張り合い、


みたいなことに

なってしまったりしてね。

別に、NO.1の子に


アプローチすることは

悪いことではありませんが、

それが、男同士の張り合いが過ぎてしまうと、

そもそもの合コンの目的


「可愛い彼女をゲットする」

という目的からは外れてしまっているのです。

また、普段から、


「俺なんか顔もよくないし、

給料も安いし」


なんて、他の男と自分を比較して、

勝手にいじけて、


「だから彼女ができないんだ」

なんて言ってる男子もよく見かけますが、

他の男と比較している時点で愚か。

この際、他の男なんか関係ありません。

恋愛は、他の男と競争するものではなく、

男と女がするものです。

そこのところを勘違いしてはいけない。

一番モテない態度は、

この「他の男を意識する」と


いう点にあります。

もうこの時点で、


ちゃんと女に向き合っていないから、

女の方も、ちゃんとこちらを


見てくれないのです。

この際、


「他人は他人、自分は自分」


と割り切って、女に向き合う、


というスタンスを持つべき。

他の男なんか関係ないのです。

張り合うな、気にするな。

ちゃんと女の方を向け!

そういうことを気にしている人には、

そういうアドバイスをしたい。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

どんなことであっても争いは傍から見れば醜いものです!恋や異性のことで決して張り合わないように気をつけましょう!

 

 

心構え   コメント:0

あなたは嫌われてないですか?悪いことを言ったと自覚がなくとも知らないところで女に嫌われる男の言動を紹介

読了までの目安時間:約 4分

 

恋愛マスターの中原です。

自分では気づかずに、


女に嫌われる、

女に、「なんだ、こいつ」と


思われてる男って

いるんですよね。

と、まあ、他人事みたいに


言ってますが、

私だって、気づかずに、


そういう地雷を

踏んでしまってることがあります。

まあ、男だから


しょうがないんですけど。

で、自戒の意味もこめて、

「女に嫌われる男の言動」をいくつか

ご紹介しましょう。

皆、気をつけましょう!

 



①とにかく上から目線

「ふふん、可愛いね」


とか

「バカだなあ、それはこうやるんだよ」


とか

とかく、女を下に見て、


物を教えてやろう、

とかいう態度をする男。

これは、かなり嫌われる。

「いや、だって、女はバカだし、浅はかなんだから、

男の僕が、いろいろ教えてやらなければならない。

ま、女と付き合うというのは、そういうことでしょ?」

とか反論してくる男がいましたが、

ここまでくると重症です。

 



②やたらにほめちぎり、奉る

「可愛い」

「君みたいな人には失礼かもしれないけど」

「気分を害していませんか」

ナイト気取り、紳士ぶる。

はっきり言って、


言われ続けるほうは、

超気持ち悪い。

それに、言ってる本人は


気づいていないかもしれないけど、

それって、


「女に好かれたい」という下心まるだし。

です。相手から見ると。

気をつけましょう。

 



③第三者に対して横柄

彼女と自分以外の人間が近づくと、

ものすごくいやがる。

食事の時、店員に


横柄な態度を取る。

なんか、自分には、


やたらに気を使うくせに、

他の人には、嫌な態度を隠さない。

「ああ、きっとこの人、釣るまでこういう態度で、

彼氏彼女になったら豹変するんだろうな」

ということが見え見え。

 



④自分アピールばっかり

むしろ自分に自信がないのか、


やたらに、

「僕って、僕って」


と自分アピールばかりで、

女子の話を全く聞いてない。

気に入られたいと


必死なのはわかるけど

鏡に向かってしゃべってろよ。

とか女子は言いたくなるんでは


ないですかねえ。

ということで、こんなことを

しでかさないように


皆さん気をつけましょう。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

あなたは嫌われてないですか?悪いことを言ったと自覚がなくとも知らないところで女に嫌われる男の言動を紹介

 

 

心構え   コメント:0

右脳を働かせることによって未来は開く!自分がモテるイメージを具体的に持って行動しよう!

読了までの目安時間:約 3分

 

恋愛マスターの中原です。

私には、現在、親しく付き合っている女子が

4人います。

時には、お茶を飲むだけのこともありますし、

エロいことをすることもあります。

つまり女に不自由はしていない、


ということです。

自分では、今の状況は満足です。

しかし、それがモテている状態なのか、というと、

それは意見が分かれるところだと思います。

よく「自分はモテない」「彼女がいない」

「女と付き合ったことがない」(○ッチしたことがない)

という人の話を聞くと、

共通することは、


「自分が、女とどういうふうに

仲良くなって、付き合うか」ということに、

リアルなイメージなり、目標がない、

ということなんですね。

たとえば、今まで、

女子とろくに話もしたことがない人が

合コンに行ったところで、

その日のうちに知り合って、仲良くなって、

お持ち帰り、何てことができる訳ありません。

それなのに、そんなことばかり妄想している。

アイドル並みのルックスでもないのに、

突然、女の子にきゃあきゃあ言われて、

向こうから


「○○さん、好きです!付き合ってください!」

なんて言われる訳ないのに、

いつかそんな日が来るのでは、

なんて漠然と考えているだけで、

自分ではなんの努力も、アクションもしない。

それで、モテない、女は見る目がない、

なんて言っている。

そんなことをいつまでも繰り返している人が

結構目に付くのです。

いつか、運命の人が現れて、

その人と結ばれて、それでいいんだ。

なんていう人もいますけど、

はっきり言うと、モテる人というのは、

いろいろな女子から


「好きです」


とか言われるものだし、

モテない人は、たった一人の女子からも

オミットされてしまうものです。

美人で、性格もいい女子は


いろいろな男から

言い寄られるけど、


ブスで性格の悪い女は、

さっぱり男に縁がないのと同じです。

妄想とかではなく、リアルに、


女に好かれるには、

女と付き合うには、どうしたらいいか、

自分はどんな努力をすべきか、

と真面目に考えて、努力したやつが

結局、モテるようになるのです。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

右脳を働かせることによって未来は開く!自分がモテるイメージを具体的に持って行動しよう!

 

 

心構え   コメント:0

あのキュリー夫人も浮気していた!偉大な人がやっているのだから誰がやったっておかしくないんです!

読了までの目安時間:約 3分

 

恋愛マスターの中原です。

この前、ちょっとハイスペック女の話を

書きましたが、それに関連して、

ちょっと面白い歴史の話を思い出したので、

ちょっとご紹介しておきましょう。

キュリー夫人。

よく「世界の偉い人」とかいう本などで、

出てくる人です。

マリ・キュリー。1867年、ポーランド生まれ。

1903年にノーベル物理学賞、1911年に

ノーベル化学賞を受賞した女性です。

最も名高い業績は、「ラジウム」の発見。

つまり、放射能とか原子力とかの基礎を

発見したのがキュリー夫人だったという訳。

夫人という名前のとおり、

キュリー夫人は、結婚していて、

夫はピエール・キュリーという


やはり物理学者。

キュリー夫人は、夫とともに、

ラジウムの研究をしていたという訳です。

で、夫妻で研究に打ち込んだ、


という美談となって、

「世界のえらい人」の常連に


なったのですが、

実は、キュリー夫人、堅物で研究、


物理学のことしか、

頭になかった夫に隠れて、


弟子の若い男

ランジュバンと不倫していた、


ということが、

暴露されてしまいました。

もちろん、それは、


キュリー夫人の物理学者としての

業績には関係のないことですが、

これが、ノーベル賞受賞前に


ばれそうになって、

いろいろともめたとか。

キュリー夫人、当時の女性観からいうと、

非カトリック教徒で、自由人、


という性格。

政治運動をした、ということで、

故国を追われ、


フランスに亡命したことでも、

当時としては


珍しい活発な女性だったということが

わかります。

加えて、こういう恋多き女、だったらしく、

当時の学会では、かなり風当たりが


強かったらしいのですが、

まさか、この、夫妻で、


共同の研究に打ち込んだ美談の

主人公が不倫とは。

超ハイスペック女でも、女は女。

恋愛は恋愛。

男も女も下半身に人格はない、

ということでしょうか?

ハイスペック女性だからといって、

別に、恋愛でも特別、


というわけではない。

ということが、このキュリー夫人の

エピソードからもうかがい知れますね。


モテる男に大変身~1日5分で劇的改造~マル秘テクニック集


 

あのキュリー夫人も浮気していた!偉大な人がやっているのだから誰がやったっておかしくないんです!

 

 

心構え   コメント:0